ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

そういえば、明日は選挙のようです

今の研修医制度では、産婦人科研修が必須のため、産婦人科がない病院で研修している研修医が、産婦人科研修のため、うちへ1~2ヶ月程、出張研修にやってきます。

個人の能力の差もあるとはいえ、そして病院によって研修内容が多少違うとはいえ、研修期間も1年半が過ぎようとしている、その研修医クンは、驚くほど何もできないようです。

あんまりビックリしたので、
「向こうの病院では何をしているの?」と聞いたら、

「仕事はほとんどありません。教えてくれる先生はあまりいませんので。」

・・・か、かわいそう!!
今、教わらなかったら、一体いつ勉強するんだ? 研修医クンよ。

「でも給料はいいですよ♪」と、淡々と答えてくれました。

その病院は、寝たきり患者さんが中心の、小さな病院です。
へー、そんな病院でも、研修指定病院になれるんだー、ってのが私の第一印象です。

そこのお医者さんの大部分が、天下り?の大大大ベテランの先生方で、主に、日中は平和に将棋などを打っているそうです・・・。うらやましい。

「開腹手術には何回か、入ったことあるよね?」と、婦人科手術の前に聞いてみると、

「糖尿病の患者さんの、足や手を切断する手術ばっかりだったんで・・・。」

・・・。そか。

私の立場上、産婦人科についてだけを指導すればいいわけなのですが、1ヶ月間、ほとんどそこまで行きつきませんでした。
その研修医クンとは、短いお付き合いでしたが、何とも言えない気持ちで、余計なお世話ですが、彼のこれから先がちょっと心配になってしまいました。

今、医師不足に備えて、どんどん医学部の定員は増やすみたいだし、民主党は、医者の数を1.5倍にするって言ってます。
ちょっと前に、ニュースでこんなグラフも見かけました。

減っている科や、研修内容も一緒に考えないと、今度は医者の数が増えすぎたことによる弊害が出てくるんじゃないかとも思います。

どこの病院も、指導医の先生達は大変です。
将来、自分の部下になる訳でもない研修医を、忙しい毎日の業務の中、研修指導するのは、とてもエネルギーがいるものです。特別手当もないし。


そういえば、明日は選挙でした。
今まで、ほとんど行ったことなかった。

どうしよっかなー。
[PR]
Commented by うぐいす at 2009-09-02 01:16 x
kurukuruX様、こんにちは。
二回目のコメントになります。
前回はお返事をありがとうございました。
今日は、ドイツにて2度目の産婦人科受診でした。
「血液検査の結果、ミルヒビルドゥングホルモンの値が異常なので再検査」といわれました。辞書を忘れてしまったけど、アタマからミルヒ(乳)ビルドゥング(形成)ホルモン(これはそのままか~)が出てると言われると、なんとなくわかる・・・(名前はメモらせてもらったので詳しくは後でグーグルするとしても)。英語だったら、ミルク・ビルディング・ホルモンなんて通称はなさそうだなーと思うとドイツ語って面白いんです。でも、「場合によってはアタマのMRIを撮ることになる」というひと言に、かなりビビッています。
保険の仕組みややこしいのにもため息が出ちゃうけど、これは外国だし仕方がないですね・・・。
わたしが行ったクリニックは、先生方も受付も、採血の看護士さんも、みなさん元気いっぱいな雰囲気の女性スタッフさん。待合室は、静かだけれど色彩や光が明るく、これらの要素によって、ちょっと緊張が和らぎます。先生方が私服なのが印象的です。
Commented by kurukuruX at 2009-09-02 21:16
>うぐいすさん
こんにちわ。
そのホルモンは、「プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)」でしょうか・・・。
雰囲気だけで元気になれそうな病院、いいですねー。見習いたい。
良さそうなクリニックで安心ですね!
Commented by うぐいす at 2009-09-09 17:17 x
お返事ありがとうございます。プロラクチン、そうそう、それでした!
ええ、とりあえず、クリニックの雰囲気には安心しました。
クリニックの名刺をもらったら、端っこに漢字で「妊」って書いてあったのでびびりましたけど・・・こっちの人には、まずはデザイン文字って感じに見えるのかも。
Commented by kurukuruX at 2009-09-10 21:44
>うぐいすさん
「妊」
一文字で堂々とされると、何だか底知れね威力を感じてしまうのは何故でしょう・・・笑
by kurukuruX | 2009-08-29 16:01 | 仕事 | Comments(4)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX