ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

お正月

お母さんが元気だった頃は、大晦日は決まって、すき焼きとトランプの七並べが恒例でした。
罰ゲームもつけたりして。笑

親戚付き合いもそれ程なく、核家族のこじんまりした年末年始だったけど、
子供が大きくなれば尚更、家族で集まるのがいつも楽しみでした。
お母さんが苦手だったおせちの黒豆も、固いけど味はすごくおいしくて、ぱくぱく食べたなぁ。


お母さんが病気になってからは、代わりにおせち料理もがんばりました。

私がドロップアウトしてた時は、「テキストきょうの料理」で勉強して、材料から本格的にそろえたりしてね。でもお母さんの味である、煮しめや昆布巻き、お雑煮はかかさずに。

一日中、台所での立ち仕事が続いて、足がパンパンに浮腫んでるのを見た時は、ビックリした。
主婦の仕事って、こんなに大変なんだなーって実感しました。

結婚して、全然違う大晦日やお正月を迎えました。

地域が違えば、習慣や料理の内容がこうも違うもんなんですねぇ。
大晦日からおせち料理を食べちゃうし。
お正月も、親戚の人たちがいっぱい集まって、カラオケや麻雀など、どんちゃん騒ぎです。

それはそれは賑やかで、料理もすごくおいしくて、楽しかったけど、でも
やっぱりウチのお正月が恋しかった。また家族そろって、こたつを囲みたい。

もうすっかり、ウチの年末年始は、過去のものになっちゃった。

帰りの車の中で、お母さんとの思い出に、また泣いてしまった。



お母さん、今年もどうか私を見守っていてください。
[PR]
Commented by tukasa-rea at 2010-01-04 20:59
今年も宜しくお願い致します。
お母様との想い出、大切になさってください。

いいなぁ。外食にまみれて、僕なんて母親の味を忘れてしまいました(笑)
親子関係では、やっぱり母親は父親より得だと思います。
男って損ですね。
伊達巻は毎年出ていた気がします。。
Commented by 寧夢 at 2010-01-05 07:21 x
ちょっと泣けました。母の味ってどんなものだったか。
今では本当に遠い遠い記憶の彼方です。

家に御節があったのは小学校の時まで、
母が勤めに出てからはだんだん品数も無くなり、重箱も消えて、
私が勤めに出てからは家族は旅行等で集まらなくなり、
昔の思い出になってしまいました。

料理が出来るというのは、本当にしっかりした状態でのこと。
年を取ると、料理が出来なくなるなんて思ってもみなかった、
共に台所に経つことも殆ど無いまま・・・。
今となっては親不孝だったなと反省しても遅いのですけれどね。
Commented by kurukuruX at 2010-01-05 19:15
>麗司朗さん
いつもコメントどうもです。こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね!
確かに、父親と比べて母親の存在の大きさの違いは否めません・・・。
すみません!でもいいお父さんになってください!いつか!
伊達巻きいいですねー。私も大好きです。(でも今年はなかった 涙)

>寧夢さん
お嫁に行く=どんどん実家の思い出が遠のく、そうなんですね・・・。
世の中、婚活婚活っていうけど、いいことばっかじゃないのに。
・・・おっと!話がそれちゃいました!
いい加減親離れして、新しい家族を築く自覚をもたなきゃ。
寧夢さん、今からでも親孝行できますよ、いろんな方法で。
Commented by breezy_shade at 2010-01-05 20:53
あけましておめでとうございます。
昨年はワインの記事にコメントいただいてありがとうございました。

私も今日の料理をお手本にしておせちを頑張っています。
一昨年までは姉に任せきりでした。
今は天国の姉を思いながら
若葉マークのお料理で、家族の団欒のお食事当番をしています。
自分でやってみて初めて分かる実力の差ですが・・・(^^;)
Commented by kurukuruX at 2010-01-06 23:11
>breezy_shade さん
ようこそ!コメントもありがとうございます。
Kさん(勝手に呼んですみません)、伊達巻きつくったんですね?!
すごい!あれは買うものだと思ってました。
手作りはやっぱりおいしいんだろうなぁ・・・。作ってみようかな、今度。
Yさんはお料理上手だったんですね♪
Commented by さき at 2010-01-07 20:50 x
ロハス先生、お久しぶりです。
そして、おくればせながらあけましておめでとうございます。

また、時々お邪魔させてもらいますね♪
Commented by drhiro77 at 2010-01-08 06:30
あらまぁ・・・いったい、いつご結婚されたのでしょう??知らないうちにいろんな事が、どんどん進んでいきます。まさに、「正月は冥土の旅の一里塚」、やれやれ年をとるはずです。
お互い、疲れた体を引きずって頑張りましょう。
(僕も、年末ジャンボ3億円当たったら、仕事辞めます!)
Commented by kurukuruX at 2010-01-10 20:21
>さきさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
さきさんの婚活の経過も楽しみにしております。
今年もよろしくお願いしますね。

>ひろセンセ
そうですよ、時間はどんどん過ぎていってるんです、先生。
あっという間に自分が恐ろしい年齢になっています。
先生にとって幸多き一年でありますように・・・。
Commented by lemonhart-pen at 2010-01-12 10:06
実家の思い出。料理すると私も思い出します。母の手伝いをしながら、ごまめを炒ったり、にしめのこんにゃくを飾りむすび?にしたり…小さな子供でもできる部分をあてがわれて、お母さんと一緒に準備したことが思い出されます。今年は元日朝食にうっかり実家のお雑煮を作ってしまい、オットのテンションを下げてしまいました。
Commented at 2010-01-12 19:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurukuruX at 2010-01-12 23:34
>テノリ先生
うわぁ!私も教わりました!こんやくの飾り結び?もしかして同じ形かな?にしても、お雑煮でテンション下がるとは…。よほどスタイルの違うお雑煮対決だったんでしょうか。私も作る側の特典として、慣れ親しんだ雑煮にまとめました。

>鍵コメさん
いろいろ大変そうですね。
所詮、組織の中の1コマである私たちは上からの指示には逆らえないですよね。お疲れさまです。
でも、いつもの気配りで、うまく対処できるといいですね。
by kurukuruX | 2010-01-03 23:34 | おかあさん | Comments(11)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX