ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

ひさびさの献血

献血バスが今日、うちの病院にやってきました。
年末はどこもかしこも血液が不足するからね。


「産婦人科=出血」
といっても過言ではありません。

正常分娩でも時に大量出血し、若い妊婦さんと赤ちゃんの2つの命を救うために
じゃんじゃん輸血することもしばしばです。

日頃のご奉公に、どれ、久々に献血してみるか。

6年ぶりだったらしいボロボロの私の「献血手帳」は、新しく「献血カード」に変更されました。
カード、知らなかった…。

採血上手だなぁ・・・、なんて見とれていたら、別のベテラン風の看護師さんから
「先生のこと、私、見覚えあるよ!」と声掛けられました。

研修医の頃によくやった献血車のバイトで何度か一緒だったらしい。
でももう10年以上も昔・・・

覚えててくれたんだ!

確かにあの頃は仕事がイヤでイヤで、献血のバイトが心のオアシス、よく現実逃避してたなぁ。
懐かしい。
いつの間にか10年以上も経ってんだ。

あの頃の気弱だった私は、今やこの病院のなくてはならない存在になってますっ!!
なんちゃって。


いいことしたついでに、うれしくも切なくもなり・・・。

採血された400ccの私の血液、どうぞどこかで誰かの役に立ってくれ。
[PR]
by kurukuruX | 2010-12-21 23:10 | 仕事 | Comments(0)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX