ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

病院の地域性

今いる病院は田舎にあるので患者さんは主にのんびりムードの中高年がほとんどです。
たまにいる若者も部活に励むジャージ姿の素朴な子達です。

病院が立地している地域性によって患者さんにも特色が出ます。

昔いた病院は大都会ではないけれど、繁華街や大学が近くにあったせいか、お水系のオネエさまやコワい系のお兄さん方、外国人や留学生が多く、病院も公立で精神科病棟もあったので、生活保護や母子、精神病患者など、多彩なジャンルの患者さん達にもまれてきました。

病院はきっと大赤字だったに違いありません。

また特に産婦人科は、そんな方々の人生の裏側にも関わったり、苦労もいっぱいしましたが、なかなか味わえない貴重な体験の連続でした。
おかげでちょっとやそっとじゃ驚かない度胸もつきました。

全身真っ白スーツの眉毛のないコワモテおじさんと対等に張り合ったりもしました。

ある時、別の患者さんで言葉が通じないために苦労していた私を見かけたのか、そのおじさんは
「おい、誰か中国語わかる奴連れて来い!」
と子分に命令し通訳を調達してくれたこともありました。
全然関係ないのに!すばらしい人脈!

いい人だったな、あの人。

何年も前の出来事ですが、ふと思い出しました。

今はずいぶん平和だってことなんだなぁ・・・。
[PR]
Commented by school-t3 at 2011-02-15 22:32
こんばんは
お仕事ごくろうさまです。ありがたいことです。

Yのお世話になった病院も、
先生が昔いらっしゃったという病院に良く似ていました。
怖いオニイサンの奥さんにも赤ちゃんが産まれるわけで、
同室になったこともあります。
お見舞いが大勢^^
けっこう皆良い人たちなんですよね。

外国人も大勢来ていました。
入院費を持って家族がくるまで退院できないひともいました。
大赤字だと聞いています。
ああ、先生方もたいへん。。
Commented by tukasa-rea at 2011-02-19 20:35
全身真っ白スーツの眉毛のない。。。
不動産業界に身をおくと、たまーにいらっしゃいますwww
Commented by kurukuruX at 2011-02-19 23:51
school-t3 さんへ
そうなんですか。Yさんもそんな大繁盛の病院にいたんですね。
騒がしい環境だったかも知れませんが、そういうところほど意外と最善の医療が受けられるんじゃないかなとも思います。
アメニティ関係はひどかったかもしれませんね。赤字だし。笑
Commented by kurukuruX at 2011-02-19 23:56
麗司朗さんへ
やっぱし、さすが不動産業界。
そんな方々のおもてなし・・・慣れたくないなー。
Commented by さき at 2011-02-23 20:11 x
むかし、メンタルクリニックに医療保護入院レベルの患者さんがやってきたことがありました。その時の待合室にいた患者さんが、たまたま議員秘書さんだったんです。ドクターにむかって「私の先生(議員の方)に連絡して、すぐに警察を呼びましょうか?」と言っていたことを思い出しました。
Commented by kurukuruX at 2011-02-23 23:12
さきさんへ
病院も本当にいろんな人が来ますもんね。
政治的な力が借りられるなんて、今だったらあれこれ頼むのに・・・笑
by kurukuruX | 2011-02-15 20:17 | 仕事 | Comments(6)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX