ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

児頭骨盤不適合

3月3日、赤ちゃんが帝王切開で生まれました。

10ヶ月に入り、今まで通常の妊婦健診を受けてきたその妊婦さん。

「ちょっと赤ちゃんの頭の下がり具合が悪いかな。」

念のためと思って骨盤のレントゲン検査をしたところ、赤ちゃんの頭に比べて産道が若干狭く感じられました。年齢や妊娠前からのお母さんの体重をふまえ、上乗せされた脂肪組織なんかも考えると、かなりの難産が予想されました。いや下からは産まれないかも…。

下から産むのをチャレンジしてみるか、はじめから帝王切開で予定するか。
それぞれの選択肢での胎児、母体へのメリット、デメリットをご主人と共に説明しました。

「こんなにお尻が大きいのに骨盤が狭いなんて・・・。」

正常分娩をイメージしていた妊婦さんはとても悲しそうでしたが、結局帝王切開することを決心されました。

どんな人も、妊娠したら安産で赤ちゃんも普通に元気に産まれてくる。
そんなふうに想像しているのは無理もありません。

「陣痛で3日間も苦しんでやっと産んだのよ。」とか
「病院行ったら子宮口が全開してて、あっという間に産まれちゃって。」とか
無事正常分娩したお母さんたちの武勇伝はよく耳にしますが、何らかの理由によって最初から帝王切開で出産せざるを得なかった妊婦さん達はあたかも楽して産んだかのような、時に肩身の狭い思いをしていることがあります。

そこで声を大にして言いたい。

赤ちゃんの安全を最優先して、自分の体に傷を作ったお母さんの勇気こそ讃えるべきである!

先日のひな祭りで元気に生まれた女の子は、きっときっと将来幸せになるに違いない。
私はそう信じております。
[PR]
Commented by うぐいす at 2011-03-07 02:58 x
検査結果や、メリット・デメリットをちゃんと説明してくださるお医者さま、そして「きっと幸せになる」と希望のきもちをもってくださるお医者さま、すてきです。
Commented at 2011-03-08 17:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurukuruX at 2011-03-08 20:35
うぐいすさんへ
ありがとうございます。
自分が促したこともあってか、やっぱり患者さんや赤ちゃんにはぜひ幸せになってほしいというか、まあ願望ですね。
でも元気に産まれてくれればホッとします。
Commented by kurukuruX at 2011-03-08 20:38
鍵コメントさんへ
ほんとにそうですねー。
些細な出会いもみんな、縁があってのことだと思うと感慨深いです。

自分の健康に関しては実は全く無関心で・・・
まさに「医者の不養生」っていうんですかね。
お気遣いありがとうございます!
Commented by ぷじお at 2011-03-10 09:10 x
うちのばーちゃんも3月3日生まれっす。
94になりました、ボケとるけど…。

ちなみにねーちゃんもいます。
100すぎとるけど。イキすぎ。なける。
Commented by kurukuruX at 2011-03-10 23:50
ぷじおさんへ
わぁぁぁぁ!
なんだか勝手に可愛らしいおばーちゃんを想像しちゃいます!
いいなぁ。おばあちゃんネタ、泣ける。
Commented by goi at 2011-03-12 07:26 x
そうですよね。出産は命がけ。それをわかっていない方が多く、問題だと思います。
母子ともの健康を一番に考える先生は素敵です。
こちらは、残念ながら母子ともに無事。。がかなわなかった方を少しでもリカバーできるようにがんばっています。
Commented by kurukuruX at 2011-03-15 19:44
goiさんへ
なんと!そんなお仕事を!?
どんなお仕事なんだろう・・・興味しんしん。
by kurukuruX | 2011-03-06 18:47 | 仕事 | Comments(8)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX