ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

出張手術

腕を買われ(?)他の病院で手術の指導に行って参りました。
私でいいんですか?って感じですが・・・。

見知らぬ病院へナビを頼りにやっとこさ到着し、重い手術道具をガチャガチャと持参しながら、辺りをキョロキョロ・・・
入り口の案内係りの人に「手術室はどこですか?」と聞くと、
怪訝そうに「どのようなご用件で?」

「しゅ、手術の立会いを依頼されましたモノです。」
と名乗りましたが完全に怪しまれていました。

手術室の窓口でも私服姿の私を、誰だ?コイツ的な感じで
「センセイですか?」と尋問されてしまいます。

私ってば白衣によってかろうじて威厳を保っているんだなー。
いやー、制服って重要!

慣れた職場と違って、サッカーで言う、完全アウェーってんですか。
ひさびさに緊張しました。
でもだんだん丁重に扱われていく変化がおもろかったです。

手術は無事に終わりました。

私自身も以前、専門の先生から何回も教わった技術です。
親切にされたご恩はこんな形で若いドクターに返したいものです。

「センセイが自信持ってやれるようになるまでまた来ますよ。」

ヤル気溢れる若手とおしゃべりして私自身もリフレッシュできました。

時間があったので院内の売店とかレストランとか探検してきました。
ベッド数もウチよりはるかに多い立派な病院でした。

お土産に売店でおいしそうな手作りパンを買って帰りました。
[PR]
Commented by school-t3 at 2011-09-18 13:29
拍手(パチパチ^^
手術お上手なんですね。

私服着てたらただの娘さん?
Commented by おきな at 2011-09-19 13:31 x
医師の道を順調に進んでおられますね!人生三道、学ぶ・使う・伝えるの、伝え道を迎えたのですね!いよいよ油がのった段階で、気が付いたら、ゴッドハンドを手にしていたのですね、次世代の為に、大事なものを伝える事の出来るのは、最高の栄誉です。おめでとう御座います。
 ユニフォーム無しでは、医師だと分からないが本当、人生どんなユニフォームを着るか大事です。昔は、お母さんのユニフォームがあって、母の制服に着替えると、シャキッと母になる、現代は何でも着るから、母に成れない人も出る、きちんと制服を着る時代が懐かしい!
 医者らしくない方が良いと、着飾って診察する女医さんが居ましたが、私論ですが、あまり感心しません!いよいよ、後輩の育成段階に来た様ですね、宜しく頼みます!忙しさに負けないでね!
Commented by ぷじお at 2011-09-20 09:07 x
手術ってすごいっすねー。
自分だったら血ー見たら気絶しますわ。

ウチの母上が看護士?当時は看護婦(合ってます?)で
腹切ったり内蔵見たりは平気だけど

指とか細かい作業は気絶する言ってましたなー。
Commented by kurukuruX at 2011-09-24 20:31
>school-t3 さん
いえいえ、これは新しい術式でまだできる施設が少ないだけなんです。
そして私服姿は最近めっきりただのオバさんになってます!
悲しすぎる!!
Commented by kurukuruX at 2011-09-24 20:36
>おきなさん
ゴッドハンド・・・すばらしい響きです。
そんなドクターのテレビも時々よくやってますが、あーゆーテレビを見るたびに自分とは違う世界の人達のような気がしてるのが現実です。

Commented by kurukuruX at 2011-09-24 20:39
>ぷじおさん
そうですねー。
職業になってしまうと感覚が麻痺しちゃうんですよね。
しかも産科はありえないくらい血が出ることがしょっちゅうです。
慣れってコワいなー。
by kurukuruX | 2011-09-18 11:25 | 仕事 | Comments(6)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX