ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

人生の集大成

とてもお世話になったスタッフのお通夜に参列してきました。

ベテラン助産師としてバリバリ仕事をこなし、それでいて腰が低くて
いつも笑顔で患者さんにも優しい人でした。
何より赴任してきたばかりの私に親切でうれしかったなぁ。

うちのお母さんの闘病時期とも重なり、お互いの病気について
医療者の立場を超えて、たくさん話をしたことが思い出されます。

お別れには本当に大勢の人が駆けつけ、会場は多くの参列者で溢れていました。
これもすべて彼女の人望であることは間違いありません。

うちのお母さんの時、私はお葬式は身内だけでひっそりと…って思ってました。
お葬式って何が何だか分かんないまま、慌ただしく終わってしまう感じがしてたし。

でも当時、お母さんのお友達やお世話になった人達が遠くからたくさん集まってくれて、
「お母さん、こんなにたくさんの人達に愛されていたんだ。」
そんなふうに思えたら、すごく有り難かった。

その人の生きてきた人生の集大成は最期にわかるんだ。
そして多くの人々に見送られることはとても幸せなことです。

実感できていない感じの彼女の息子さんは、まだ中学生で
周りの大人たちの言われるまま、落ち着かない様子でした。
それでも駆け付けた担任の先生から声をかけてもらった途端、
堰を切ったように泣き出しました。

そんな光景を見ちゃったら、私も号泣です。


そんな中、病院からの呼び出しのベルが!

「先生、分娩です。」

うそ、マジで??

すぐ来てくださいって言うから、
腫れぼったい目と喪服の上に白衣を羽織って分娩室に向かいます。

男の子だったかな。
若いご夫婦に生まれた赤ちゃんでした。
がんばった妊婦さんも立ち会った旦那さんも泣いてました。
そして、これからおじいちゃん・おばあちゃんになるご両親は、それはもう手放しで喜び合っていました。みんな嬉しくて泣いてました。

いつもの立ち会いだったけど、何だかいつもより感動しちゃった。


助産師という仕事を天職として全うした彼女。
こんな事態にさせたのは彼女の仕業かしら…?

どうか天国でゆっくり休んでください。
[PR]
Commented by スマイルちゃん at 2012-06-22 20:05 x
泣きました。今、仕事から帰ってきて、楽しみにしている先生のブログを開きました。その助産師さんは、たくさんの命をとりあげ、数え切れない幸せをつくってきたのですね。そしてその赤ちゃんたちも大きくなり、また誰かを幸せにする・・・先生もまさにその助産師さんのように「誰かの」ためにがんばっていらっしゃるのですね。微力ながら、私も誰かのためになっているかもしれない・・とふつふつと力が湧きました。先生、ありがとうございます。その助産師さんのご冥福をお祈りしています。
Commented by school-t3 at 2012-06-22 21:03
素晴らしい人がまたこの世を去ったんですね。
そういう方の逝ったあとには馥郁とした香りが余韻になって残ります。
良い方に出会えてよかったですね。

でも・・
お子さんが中学生ということはまだお若い方だったんですね。
お仕事がきつかったのかなあ・・・
息子さん本当に可哀想です。
Commented by おきな at 2012-06-23 18:17 x
 人生の集大成を読んで、なぜか涙が流れました。人生はその人の創る芸術作品と言われます、たった一つの修正できない芸術品、先生のお母さんも、黄泉へ赴いた助産師さんも、その作品は、多くの人の感動を呼ぶ素晴らしい出来映えに違い有りません。 私がどんな作品に仕上げるか考える機会を与えて下さった事に感謝しています。
 本当に有り難うございます!
Commented by kurukuruX at 2012-06-23 19:56
>スマイルちゃんさん
そんな大それた話でもなかったのに、それでも少しでも生きる力になったのなら、それはスゴいことで、それを聞けただけでも私自身も勇気がでてきました。
そしていつも早速のコメント、本当にありがとうございます!
Commented by kurukuruX at 2012-06-23 20:00
>school-t3さん
そうですね、そういう人は周りに与えた影響は計りしれません。
仕事も家事も育児も介護もとても頑張った人でした。
多くの人を幸せにしたんだよって伝えたいですね。
出会いとは不思議なもんですねー。
Commented by kurukuruX at 2012-06-23 20:04
>おきなさん
こちらこそ、いつもありがとうございます!!
私もこの先の人生について考えさせられました。
人生の去り際には、人に少なからず影響を及ぼせる、彼女のような人に私もなりたいと思いました。
Commented by pokopen-7 at 2012-06-25 20:57 x
ちょっとしょんぼりしてる今日この頃。
この記事読んで、うまく言えないけど、なんかイイ感じになった。
ありがとう。

生きるって大変なことなんだなぁ。
Commented by kurukuruX at 2012-06-27 18:14
>pokopenさん
どしたの?どしたの?
話きくよ~!
ちょこっとでも元気になったんなら私もうれしいです。

by kurukuruX | 2012-06-22 19:20 | 仕事 | Comments(8)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX