ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

子宮破裂

午前中の手術が終わって、病棟に帰ると、
ノーリスクの分娩進行中の妊婦さんの様子がおかしいとの報告により、分娩室へ。

回旋異常からの子宮収縮輪、尋常ではない妊婦さんの激しい下腹部痛、
これはいつもの陣痛じゃない、って感じた瞬間、
血圧低下、150を超える頻脈に。

「子宮破裂」
頭をよぎりました。

予定していた午後の婦人科手術を繰り下げ、超緊急カイザーと輸血をオペ室に要請して、
大急ぎで赤ちゃんを取り出し、裂けかけた子宮を血の海の中で修復し、
無事赤ちゃんとお母さんを救出することができました。

赤ちゃんはちょっとヘバっていましたが、すぐに元気に泣いてくれました。

よかった・・・

気がつくと、私も全身から大量の汗でオペ着がビタビタになっていました。

初めての経験。

ベテラン上司から、
昔、同じような症例で、急いで手術したら、お母さんのお腹の中で、既に子宮から飛び出して息絶えていた胎児がいた、なんていうエピソードを聞いて足が震えました。

まさに危機一髪とはこのことです。

迅速に対応してくれた手術室のスタッフ、他の科の予定手術にも大きく影響を及ぼしてしまいました。協力してくれた麻酔科の先生達もありがとうございました。
興奮しすぎて、みんなにお礼を言うのを忘れちゃったな。

子宮破裂なんて母子の救命率は限りなくゼロに近いって、教科書上でしか想像してなかった。

きっとこれは神様の力に違いない。
神様、ありがとう。


午後は、これまた1キロ近い子宮筋腫を取り出す手術でした。

手術のし過ぎなのか、左手首がたぶん、腱鞘炎だね、痛くて力が入らなくなってしまいました。
病棟に余ってた湿布を貼ってみたけど。
通りすがりの整形の先生からは、「とにかく安静だね。」 なんて軽く言われました。

そういえば、来週は確か今日の3倍くらいの筋腫の手術だったような。

・・・だ、大丈夫かな。

そんなんで手術される患者さんも不幸だよな。
みんな、子宮筋腫はあまり育てずに病院にかかってほしいもんです。


ということで、帰り途、コンビニにフラフラと立ち寄り、購入しました。
f0056660_21265423.jpg

実は甘いものは得意ではないんだけど、今日は疲れた体に染みました。
[PR]
Commented by スマイルちゃん at 2013-05-15 22:02 x
先生、お疲れさまでした!文章を読んでいて、私も脂汗が出ました。先生の知識と経験、そして勘の鋭さ、病院スタッフの皆さんの迅速なご協力。そして、先生ご自身と妊婦さんの運。そのどれか一つでも欠けたら・・と思うと、さすがは先生だと感動しました。先生の日頃の行いが良いから、蜘蛛の糸が天から100本降ってきて、妊婦さんを助けたのでしょう。医療の現場で、このように救命されるケースがあるからこそ、辛いことも乗り越えてお仕事を継続させることができるのだと感じます。
 先生、腱鞘炎が休めるのが一番です。あま~~いスイーツは、先生の疲れた脳を休めたでしょうね。先生、本当にお疲れさまでした!!なんだか私も嬉しいです。
Commented by kurukuruX at 2013-05-17 20:56
>スマイルちゃんさん
蜘蛛の糸が100本!!
これからも真面目に生きていこうと思えた、素敵な表現でした。
土日は静かに過ごして腱鞘炎を休めます!笑
Commented by goi at 2013-06-23 18:20 x
命がつながっていく話は感動で涙が出ます。
危機一髪感を身を以て知っているのでなおさら涙が出ます。
先生の仕事はほんと素敵ですね。お疲れ様です。
Commented by kurukuruX at 2013-06-23 22:03
>goiさん
ありがとうございます。
確かにとてもやりがいのある仕事とは思いますが、たびたび続くと神経が擦り減る気がします。
でも赤ちゃんが元気にこの世に産まれて、新しい人生が始まる瞬間は、難産であるほど感動しますね。
by kurukuruX | 2013-05-15 21:50 | 仕事 | Comments(4)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX