ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

ブルーな仕事

今月は出産が少なく、逆にそれに匹敵するほどの中絶件数でした。

「季節がらですか?」と、軽くショックを受けた研修医4号。

いや、違うと思うけど・・・、ちょっと異色な研修内容だったね。

中絶手術、「私はようしません!」と言う女医さんもいますが、これも産婦人科の仕事なので、仕方がなくやっています。
みんなそうだと思いますが、かなりブルーな仕事です。
ちょっと大きな赤ちゃんの場合は、一週間前からブルーになります。
ちっとも慣れません。

反省の色の見られない常習犯の女の子や、忙しくて病院に来られなかったのか、一時金目当てなのか(←かなり悪質)大きく育ててくる人もいます。

確かに、こんなお母さんから生まれてくる子供も可哀相です。

昔、あるベテランの先生が「もうあんたの子宮、取っちゃうぞ!」と怒っていた場面があって、当時私は「なんてひどいこと言うんだろう。」と思いましたが、今ではその心境が分かります。いくら説教しても分かんない人は分かんなくて、動物のように懲りずに妊娠してくるんです。あ、男も悪いのか。

数ミリ~数センチのまだ小さい赤ちゃんも、本能なんですね、狭い子宮の中で、迫りくる身の危険を察知して、手術用の鉗子や吸引チューブから逃げよう逃げようとするらしいです。

そんな風にいちいち考えてたら仕事できませんが、時々思います。
「こんな行為、理由はどうあれ、許されるんだろうか。」

なんか気分が悪くなる話ですみません。

「世間体」とか「まだ若いから」とか「経済的に苦しい」とか、大半が仕方がない理由なんだけど、「産んだ方が得だよねー。」なんていう世の中になってくれたら、ブルーな仕事が減って嬉しいんだけどなー。
[PR]
Commented by Dr. I at 2006-07-29 23:32 x
一時金目当てで大きく育てるって。
かなり悪質ですねー。
そんな人いるんですかー。

卵管って一時的に縛って、後でほどくって事できないんですかね。
Commented by メロンパンだ at 2006-07-30 00:10 x
先生、はじめまして。
りん先生のところから、おじゃましました。
同じ女性、母親の一人として、
耳ををふさぎたくなるようなつらいお話ですね。
そうか.....、産婦人科の先生って、おめでたばかりじゃなくて、
こんなブルーなお仕事もしなければいけないんですね。
先生方のお疲れのご様子が、目に浮かぶようです。
何とかならないもんでしょうかね.....。
Commented by drhiro7 at 2006-07-30 01:49
しかしながら、中絶問題を宗教にすりかえる諸外国よりも、まだマシだと僕は思います。フィリピンでは宗教上からコンドームさえも使えず、女性の望まない妊娠に対する中絶権利をも否定しています。アメリカでも宗教上から中絶を禁止し、アクシデンタルに妊娠したティーンエイジャーの女性にのみ育児を強いています。これでいいのか?子供はそれを強く望む幸せな夫婦にのみ生まれてくるべきだ!と、僕は思っています。ですから、先生のような方がいなければ、ますます幼児虐待などの不幸な子供が増えます。先生、頑張ってください。
Commented by kurukuruX at 2006-07-30 01:59
>Dr.Iさん
できたらいいんですけどねー。必殺!卵管一時縛り。
すごく細くて繊細な通り道なんで、もしそんな研究したらノーベル賞もんです。すみません、いい加減なレスです。

>メロンパンださん
はじめまして!ようこそおいでくださいました。
うちのお母さん、メロンパン大好物なんです。あ、関係なくてすみません。
まあこれも仕事として割り切ってやるまでですが、少子化、少子化と騒がれてると何か言いたくなって・・・。
コメントありがとうございました。
Commented by kurukuruX at 2006-07-30 02:15
>ひろセンセイ
こんばんは。夜更かししててもう寝ようかと思ったら、せんせいの絶妙タイミングコメントにびっくりしました。
確かに、宗教一点張りで、個々に対応できない国もあるんですもんね。子供作るって人生に大きく関わることだし。子供はみんな幸せに育ってほしいです。さすがセンセイ、グローバルなコメント、ありがとうございます。

Commented by ぽん at 2006-07-30 05:10 x
こんばんわ。
産科駆け出しの2児母Nsです・・・
私もAusにつくときがあるのですが、切ないです・・・。
案外、普通の主婦も多いですよね。
女一人では妊娠できません・・・。
子供産めても、育てるのは自分の生涯を注ぐことですし・・・
でも、 芽生えた命は 誰のもの.?

私も三人目、欲しいと思ったのですがね。
今、2人抱えてるだけで仕事も家事も中途半端です。
仕事も覚えられないんです・・・クビニなるが早いか、辞表が先か?
子供を言い訳にしたくないし、自分の能力がもともと何足ものわらじを履ける人間じゃないのかも・・・と思う今日この頃です。
 あー・・・・でも、出産、新生児、ほんとうに素晴らしいのですがね。
みんなの下に幸せな出産育児が訪れて欲しいものです。
Commented by pokopen-7 at 2006-07-30 08:32
はじめまして。少し前から読ませて頂いてましたが、コメントは初めてです。
私は35歳、結婚3年目、ただいま不妊治療をしてます。中絶するのには理由はいろいろあるんだろうけど、産めない者にとっては、かなり複雑な思いで、今日のこの記事を読みました。欲しくても恵まれない人がた~くさんいるのに、一時金目当てに中絶なんて、悲しいですね・・。私にその子宮を下さいよ!って感じです。

とても興味深いブログで、いつも楽しみにしています。
これからもお仕事、農作業、お母様のこと、頑張って下さいませ。
Commented by birdcall at 2006-07-30 11:59 x
高校時代に倫理の授業で確かアメリカの中絶ビデオを見ました。
もう、なんというか、言葉が出ませんでした…。

あれを見たせいか、避妊にはすごく気を遣っている子が多いです。出来婚もうちの学年卒はゼロだったし。
性教育も賛否はあるけど、ほぼ全くしていないって学校もあったので、まずはそこからしないとどうしようもないかな、と思います。
Commented by drobs at 2006-07-30 14:57
kurukuruX先生、
お疲れ様でした。早くブルーなムードから回復するように、お祈りに致します。
自分自身も人間ばっかりですから、神様の代わりに懲罰させ、子宮全摘したりするのも避けたいと、私はこう思います。
こんな常習犯の人も、自分の体を費やしてしまって、金利短視だけだから、何時かは重い罰を受けるでしょう。
何回も中絶してきた人は、本気に妊娠したい時に、24週で子宮穿孔、腹膜内出血で子宮が取られてしまったオベも確かにしましたのよ!
「しょうがない、命を助け上げるから…」と答えました。
手術中の証拠写真も撮って、カルテに貼りつけました。
可哀想な人間だと思ったらばもう十分です。
Commented by love31happy at 2006-07-30 16:44
友人の助産師は、これがイヤで、病棟を離れました。
保健所で、保健師さんと一緒に新生児訪問をしたり、開業してベビーマッサージ?などをしています。

>一時金目当て
悲しくて、涙が出ます。こんな女性は、自分も他人も大切に出来ない人ですね。情けない…。

Commented by drobs at 2006-07-30 17:47
>友人の助産師は、これがイヤで、病棟を離れました。

深く同感します。
しかし、その知らない命を考えるよりも、寧ろ自分の生存をも考えてみる方が大切でしょう。
もしかすると、病院側は中絶を決して遣らない医師を招かないって、どうしますか。
自分の立場も大切です。幸いに、私は他の先生のできない内視鏡手術が得意で常に遣っているから、患者さんの中絶を場合によって断っても、他の先生に紹介しても大丈夫です。自分は開業したらば、内視鏡設備への投資も高いから、やる気がありません。
他の先生は、この特典がないですから、中絶を遣りますよ。
Commented by kurukuruX at 2006-07-30 21:12
>ぽん さん
はじめまして。こんばんわ。
子育てしながらのお仕事、本当にお疲れ様です。
本当にデキル人とは、自分の能力を知っている人だと思います。ぽんさんのお子さんは、苦労して頑張っているお母さんの背中を見て、どこかで分かっていると思います。偉そうに言っちゃいましたが・・・。コメントどうもありがとうございました。

>pokopen-7さん
ようこそ、はじめまして!pokopen-7さんのような立場の人に対しては、辛い話でしたね。すみません。なのにコメントありがとうございました。pokopen-7さんのブログ遊びに行きました。タオルに巻かれたワンちゃん、超!超!カワイイですね♪

Commented by kurukuruX at 2006-07-30 22:16
>birdcallさん
はじめまして。学校のセンセイなんですね?常々、ガッコの先生は大変だなーと思っています。お疲れ様です。(違ってたらゴメンナサイ)性教育・・・避妊はモチロン大前提ですが、「授かった命に対する愛情」みたいなものを、もっともっと小さい時から教わる機会があるといいですねー。コメントありがとうございました。

>林文斌センセイ
励ましコメントありがとうございます。私も、あーいったタチの悪い人はきっと天罰が下ると、自分に言い聞かせています。そうかー、センセイはアウスしなくていいんですかー、うらやましいです。

Commented by kurukuruX at 2006-07-30 22:16
>さきさん
私はきっとこのブルーな業務から逃れられませんね、ギネ辞めない限り・・・。「ベビーマッサージ」そうなんですよ、うちの病院も「ベビービクス」という名の、運動?マッサージ?催し物が最近人気です。お母さん同士も友達できていいみたいです。
Commented by drobs at 2006-07-31 01:18
せんせい、
恐ろしい写真を用意して、アウスを諦めるまでそんな人を説教しましょうか。(笑)
Commented by jyubon at 2006-07-31 01:32
先生、お疲れ様です。
中絶の人工増えてるようですね、若者に特に。
私は妊娠をした事がないので妊娠が羨ましいですが、
赤ちゃんは親の虐待で保護される子みたいですね。
そうなら私が貰いますよって言いたいです。と言うか不妊で悩む夫婦はそうかと…。
先生の科は産科でも生まれておめでとうと亡くなってさようならがあって、
その中に中絶があります。
そして婦人科は癌だの筋腫だのあって
決して赤ちゃんが生まれて幸せな現場が常ではないので大変だと思います。
何だか考えさせられるお話で勉強です。でも中絶するなら避妊をして欲しいです。
Commented by kurukuruX at 2006-07-31 18:33
>林文斌センセイ
恐ろしい写真、先生のブログに早速ありましたね?!びっくりしました。
あれは卵管峡部妊娠ですよね?難しいですよね。

>じゅぼんさん
そんな風に産婦人科医を評価してくれるお人はそうそうおりませぬ・・・(涙)。ありがたいっす!でも確かにドラマチック要素満載なところが売りでもあるかもしれません。求む!ヤングぎね医!ヤングといえば、じゅぼんさんもまだまだヤングなので、ぜひとも妊娠出産がんばってください!!っていうかすでにプレッシャー十分だったりして・・・、すみません。

Commented by drobs at 2006-07-31 19:18
先生、
そうです。間質部妊娠のもありますよ!何れでも、腹腔鏡手術で解決しました。後程載せますから…
ご訪問、ありがとうございました。コメントを其方に残したらば、もっと感激です。
今まで、何千枚の腹腔鏡の写真も保存してきますから、代表的な物をどんどん整理して、公表するつもりです。他人の教育よりも、自分の人生も記録したいです。
Commented by kurukuruX at 2006-08-01 19:06
>林文斌センセイ
知られざる過去として、実は私もラパロ、得意です。
得意技は、第一助手でのカメラワークです。ふふふ。
饅頭のところにコメント残しました(笑)。
すみません、焼酎でほろ酔いです・・・。
Commented by ちび at 2006-08-05 00:19 x
ショックです・・
ちょっとなきそうです・・
そんな人いるんですね~
Commented by kurukuruX at 2006-08-05 22:34
>ちびさん
なんだかエグい話で、ごめんなさい。
私もこの仕事して、いろんな人がいるんだな~と実感する毎日です。
by kurukuruX | 2006-07-29 23:07 | 仕事 | Comments(21)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX