ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

笑顔

長い抑うつ状態から、アモキサンのお陰でみるみる元気になった、おかあさん。躁状態の一歩手前の気がしたので、かかりつけの先生に差し出がましく相談し、セレニカRを処方してもらいました。どうやら調子がいいようです。

最近は、私が仕事に出かける時、外まで見送ってくれます。
「いってらっしゃい。」
屈託のない笑顔が朝日に輝いていました。
つられて思わず、自分もニッコリ、「いってきます。」

人をもニッコリさせるほどの笑顔なんて、最近忘れていました。

過酷な勤務医生活の頃は、職場ではスタッフや患者さんに、そして家族や友人に、常にギスギスした態度だったなー、私。

笑うと免疫力も上がるって言うし。
笑顔って大切です、自分にも他人にも。

そういえば、週刊誌やテレビで見る雅子サマも、心から笑顔になれる日が早く来るといいなー。
[PR]
Commented by pokopen-7 at 2006-08-09 23:14
おかあさんの笑顔、良かったですね(^^)
kurukuru先生もつられて笑顔・・いいお話です。
笑顔(笑い)って伝染しますよね。
私も頑張って笑顔になれるように、がんばろう。

雅子様も、一般人には想像も出来ない苦労とか・・いろいろあるんでしょうね・・。
早く元気に公務に復帰して欲しいですね。
Commented by りん at 2006-08-09 23:19 x
つら~い20代をすぎて30過ぎて、よく笑うようになったら、目じりのしわが気になり始めますた・・・ 笑うようになったからなのか、年くったからなのか・・・ あ 両方か。。
Commented by Dr. I at 2006-08-09 23:20 x
おかあさん、良くなってよかったですね。
俺も、超忙しい病院だった時は、そうとう嫌なやつだったろーなー、と思いますね。
今更ながら。

ところで、話は変わるんですが。
一つお願いがあるのですが、よろしいでしょうか。

ご存じかもしれませんが。
私はこのブログの他に、メールマガジンや無料レポートという物も書いております。
今度新しく、無料レポートを書こうと思っているのですが。
それは、医者が書いたブログを厳選して、20~30位集めて紹介する、という物です。
タイトルはまだ未定なんですが、

「医者のホンネが丸わかり!」

のような感じのタイトルを、と思っています。

その無料レポートの中で、先生のブログを紹介させて頂きたいのですが、構わないでしょうか。
もしよろしければ、レポート内で、数行の紹介文と、ブログ名、URLを紹介させて頂きたいのですが。
ご検討頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

Commented at 2006-08-10 01:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 寧夢 at 2006-08-10 02:15 x
お母様、元気になられて良かったですね。笑いじわの無い私、ある意味自分の人生を反省。(眉間のしわしかないなんて・・・)笑顔で免疫値をあげる、そうですよね。わかっているのに、周囲にプレッシャーかけたり、必要以上に過敏になったりするので、またまた反省。
人の心身の痛みは他人にはわからないもの。雅子様、大変だよねえ。(超高齢出産、一人娘の親として肩入れしている私)でも、家人が「娘は皇室には嫁がせない」と、真剣に怒るのはおかしくて笑えます。
Commented by takamed at 2006-08-10 08:06
ホント、笑顔って大事だなあ、としみじみ感じます。いつもニコニコしている人って、見ていて気持ちもいいですもんね。
お母さん、元気になられて良かったですね。
Commented at 2006-08-10 10:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by love31happy at 2006-08-10 13:20
日本笑い学会の副会長、昇幹夫先生も産婦人科医です。
高校卒業30周年同期会で200人のうち8人の死(4人は医師)という事実にショックを受け、1999年に年間1000名の出産を取り扱う病院を退職されました。生誕半世紀を振り返り50代は過労死寸前の働き方をあらためる事にしたそうです。現在は、大阪市で産婦人科診療もしながら「日本笑い学会」副会長(「笑いと健康」の部門を担当)として笑いの医学的効用を研究されています。
Commented by drobs at 2006-08-10 16:27
先生、love31さんへ
笑いも心身健康の状態を表しますね。良かったです。私も許される程に出産数を減らせると思います。(解雇されないほど)
良い飲食、運動、睡眠から、健康な人生を作ろうとします。何時かは、畑仕事に戻るかもしれませんね。(解雇されると)
クーラーも悪い。
今の外来で、いつもクーラーを26度を設定しながら、扇風機も使います。結構20代のホットなナースさんに恨まれていますね。(笑)
Commented by kurukuruX at 2006-08-10 22:25
>pokopen-7 さん
どうもありがとうございます。
私も「伝染るんです笑顔」に努めたいと思います!
週刊誌に雅子サマネタが載らない日はほぼないですよね。みんな心配してるんですね。

>りんさん
えー、幸せの証拠じゃないですかー、笑いじわなんて。
でも顔ってほんと年齢出ますよね。シミソバカス吹き出物跡・・・、消えねーっ!!

>Dr.Iさん
お医者さんは、常に忙しくて、ストレスフルで、因果な商売ですよね。
これでも神経、随分図太くなりました。

ブログ紹介の件、ありがとうございます。こんなチンケなブログなのに、恐縮です。いろんな人との出会いや、コメントに感動する反面、身内の医療従事者にバレないかと実はドキドキもしています。だってセンセイ、有名人だし。またお返事しますね。
Commented by kurukuruX at 2006-08-10 23:04
>鍵コメさん
私はこの分野に関しては、もちろん専門外で、患者の家族として初めて、その大変さを勉強する毎日です。でも、「夜は必ず明ける、雨もいつか必ず止む」っちゅーことです。ちょっと自分にも言い聞かせています。

>寧夢さん
ほんと、人の苦しみはその人本人しか分からないですよね・・・しみじみ。
お嬢ちゃん、どこかで見初められて、将来「ロイヤルプリンセス」ふふふ、分からないですよー。なんちゃって。

>takamedさん
休暇、長旅、おつかれさまでした。
センセイもニッコリ笑顔で、人生の選択、乗り切ってください!(なワケないか、笑)
Commented by kurukuruX at 2006-08-10 23:43
>鍵コメさん
大丈夫ですよ、なにせ今は、ほぼストレスフリーな毎日なので。
この、のんきなブログに表れているように・・・。
快食快眠快便です。失礼しました。

>さきさん
へぇー、そんな学会があったんですか、知らなかったです。
私は30代にして働き方を改めてしまいましたが、完全に早過ぎですね・・・。

>文斌センセイ
20代のホットなナースに囲まれている・・・?いや、恨まれているんですかー、センセイ(笑)。実は最近、クーラーが苦手になってきました。年取ったなー。
Commented by love31happy at 2006-08-11 05:15
ちょっと言葉が足りなかったようですね。すみません。先生が過労で倒れる前でよかったと言いたかったのです。

過去に勤めていた病院で、精神に変調をきたし病棟に来られなくなった医師がいたんです。だんだん具合が悪くなっているのが分かったから、その先生の同期の医師に話をしてみたのですが、「私もデパスを飲んで何とかやってる」と言われ、それ以上何も言えなかったことがあったんです。
Commented by kurukuruX at 2006-08-11 10:45
>さきさん
おはようござんす。さきさん、早起きですね。
全然!全く!気にしてませんでしたよ。
時代を先取りしていると、一人自己満足しているので・・・笑。
Commented by jyubon at 2006-08-11 11:08
お母さんのいい状態が続きますように…。
私の父は重症のうつ病と診断されて早3年。薬でコントロールされてます。
でも調子良いです。一方母は元々健康体でしたが、今では「重度のうつ状態」と言われサプリとカウンセリングで調子が上がってきます。もうこれ以上酷くならないように祈りながら、彼女の認知か?と思う繰り返しの話も聞いてます。
私も彼らのようにならにように気をつけようと思います。
Commented by kurukuruX at 2006-08-11 11:36
>じゅぼんさん
こんにちは!
うちのおかーちゃんはかれこれ10年近く患ってます。
うつ状態という精神状態は、長く続くと身体にも悪影響及ぼすかも・・・なんて思うようになりました。ご両親、そしてじゅぼんさん自身の心労お察しします。みんなの幸せがずっと続きますように・・・。
by kurukuruX | 2006-08-09 22:47 | おかあさん | Comments(16)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX