ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

アクリルたわし

おかあさんのお母さん、つまり、私のおばあちゃんは今も健在です。

少し離れた施設に、ずいぶん長く一人でいます。
お母さんがいた間は、月に1~2回の面会にも度々一緒に行っていました。

最近改装された、こぎれいな日当たりのいい個室で、おばあちゃんは毎日、自分の娘や孫の幸せだけを祈り、一日の終わりには、南の空に向かって手を合わせ、今日も無事に一日過ごせたことを神様に感謝している、信仰深い人です。

小さい頃、私は、ほとんどおばあちゃんと一緒に過ごしました。

そんなおばあちゃんも今年、90歳になりました。
そして「お迎えがちっとも来ない」と、いつも嘆いています。
耳はほとんど聞こえなくなりましたが、頭も目も口もシャンとしています。

新聞で見つけた、最近の産婦人科医問題も切り抜いて(!)、気にしていてくれます。

回数は減っちゃいましたが、今はお母さんの代わりに、面会に行きます。
そして、「お母さんは病院で治療を続けているけど、元気にしてるよ」って偽っています。
耳の遠く方で、かすかに聞こえるらしい私の声を聴きながら、
「きちんとやってもらえてるんだね?そうか、そりゃ安心だ。親より先に逝ってはダメだよ。」

おばあちゃんのことだから、いつかはバレてしまうかもしれないけど、できる限り、お母さんもそれを望んでいるような気がして、ウソついてます。

手先が器用なおばあちゃんは、今も暇さえあれば編み物をしています。

行く度にもらう「アクリルたわし」。

作っては作っては、みんなに配っているようです。
おかげで施設のみんなから重宝されてるみたい。
最近のエコブームでも流行ってるらしいけど、私には昔から馴染みのある、おばあちゃんの代名詞のようなものです。

f0056660_12591736.jpg


変化のない狭い世界の中で、面会の日を指折り楽しみにしながら、天国からのお迎えを毎日待っているおばあちゃんです。
[PR]
Commented at 2008-12-08 20:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurukuruX at 2008-12-10 23:15
>鍵コメさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
今まさに追い込みの時期ですね。自分の時はどうだったんだろう・・・、思い出せない・・・。また朗報をお待ちしております。
Commented at 2008-12-26 00:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurukuruX at 2008-12-27 19:28
>鍵コメさん
共に励みましょう!笑
by kurukuruX | 2008-12-07 12:58 | おかあさん | Comments(4)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX