ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:今日のお酒( 50 )

北の大地から白アスパラが届きました。
さすがの太さです。

調べてみると普通のアスパラと違った茹で方のようで。
しかもアスパラの皮からいいお出汁がでるらしい。
知らんかった。。。

~いざ、初挑戦!面倒くさくって多分最後のレシピ~

①アスパラの皮を厚くむいて、砂糖、塩、バター、レモン汁と10分茹でる。
②玉ねぎみじん切りと白マッシュルームをバターで炒め、お米も加えて炒める。
③ザルで濾した出し汁をひたひたに加えて、コンソメ半分入れて弱火で煮る。
④刻んだアスパラを加えて、牛乳100㏄と白コショウで味をととのえる。
⑤パルメザンチーズと生ハムをトッピングしてできあがり~♪♪♪

クックパッド様々や~!!


f0056660_23212652.jpg


トリデンテ テンプラニーリョ 2014

トリデンテとは、水の神が持っている三叉槍(さんさそう/先が三つに分かれた槍)のことだそうな。

スペインのテンプラニーリョが大好き♪

この生産地は水を大切にしているということで

水にちなんだ名前が付けられているんだって。






[PR]
by kurukuruX | 2017-09-06 23:13 | 今日のお酒 | Comments(0)

ひとりごはん

シャトー・オー・ブレイ・ド・モンデスピック フランス ボルドー
近年最高評価の2009年

開封してから時間と共にまろやかになっていきます。

f0056660_20265789.jpg

~トマトのチーズ焼き~

トマトをざくざく切って、マヨネーズと塩こしょう
とろけるチーズをのせてトースターで焼くだけ!

超かんたん!

酒を飲みながら、これからギターを練習します。








[PR]
by kurukuruX | 2016-07-26 20:50 | 今日のお酒 | Comments(2)

みょうがのリゾット

先日、みょうがを大量にいただきました。

あれ?
みょうがって夏の野菜じゃなかったっけ?

主に薬味に活躍するみょうがですが、連日の冷奴やそうめんでは消費しきれません。

そこでみょうがを大量に消費できるレシピを発見しましたので報告します。(学会発表風)

~みょうがのリゾット~ (参考文献:NHKきょうの料理)

①オリーブオイルでニンニクとお米(2人分1合)を炒める。
②500㏄の顆粒スープの半分を加えて、米の芯が残るくらいまで中火で煮る。
③残りのスープを足してちょっと煮たら、千切りにしたみょうがの半分、パルメザンチーズどっさり、
 生クリーム50ccを加える。
④仕上げに残りのみょうがとチーズをトッピングして、できあがり~!

f0056660_11324755.jpg

みょうがの涼しげな風味と濃厚なチーズの意外な組み合わせが奇跡を生んでいます。

いや、マジでうまかったよ、これは。


最近、空は高いし、雲も気持ちよさそうだし、おいしいものもいっぱい!

ショーウィンドのお洒落な秋の装いに刺激されて、オサレ帽子を買ってみました。

まだまだ汗だくになったり、そうかと思えばブルブル寒かったり。

体調管理には念を入れて、充実の秋の季節を短能したいと思います。
















[PR]
by kurukuruX | 2015-10-02 22:58 | 今日のお酒 | Comments(2)

マルコのパスタ

f0056660_22045695.jpg

コレ、一度食べてみたかったやつ!!

「母を訪ねて三千里」のマルコがお昼に作る、ジェノバの食卓シーンが忘れられません。
塩茹でしたスパゲッティにパルメザンチーズをあえるだけのごくシンプルなパスタです。
宮崎さんは食べ物のシーンが本当に印象的なんだよなぁ。
茹で加減が最高だとお父さんにも褒められて、マルコは貧しいながらも幸せそうで、コレがすごーく美味しそうなんです。
調べたら、イタリアの子供たちはみんな大好きなパスタなんだってさ。
本場のチーズはきっと極上においしいだろうから成立するレシピなんでしょう。

ほんとにうまいのか?
疑心暗鬼のまま、奮発して買ったチーズをおろし、オリーブオイル、黒コショウをふりかけて食べてみたら、

うまぁーい♪

マルコ正解!

今日のワインは、シャトー・オー・プラン 2005 ボルドー。

そういえば、マルコは葡萄酒を水で薄めて大人と一緒に飲んでた!こどもが!
これも「イタリアあるある」なのかもしれない。

今どきのアニメなら多分許されんな。





[PR]
by kurukuruX | 2015-09-02 23:16 | 今日のお酒 | Comments(5)
f0056660_1131358.jpg

2010年当たり年だそうな。

と言われても、まだまだワインの味はわかりません。

おつまみは最近ヘビロテのさつまいものサラダ。

干しブドウとクルミを混ぜて、粒マスタードとハチミツ、マヨネーズで味付けしました。

あまじょっぱい!!
[PR]
by kurukuruX | 2015-08-21 21:56 | 今日のお酒 | Comments(2)

旨やす白ワイン

f0056660_23041100.jpg

アサリは半分くらい浸かる程度の塩水と暗くなるように蓋をしておくと、激しく吹いてよく砂抜きができるらしい。

なるべく旬のものをいただくようにしたいこの頃です。
[PR]
by kurukuruX | 2015-04-16 23:04 | 今日のお酒 | Comments(2)
f0056660_1825118.jpg

2000円以下だったかな、でもとっても正解なワインでした。

一言でいうと「まあるい!」

最近買ったって思ってた2009年も、かれこれ6年前になっちゃうんだなぁ・・・。

安いワインがMyセラーで知らず知らずに熟成されております。


外側がカリッとしょっぱい、最近お気に入りの「塩パン」と共に。
[PR]
by kurukuruX | 2015-03-01 22:59 | 今日のお酒 | Comments(2)

マグロの目玉

出先の市場で目が合って(?)、衝動買い~!

目玉といってもデカイ、デカイ、1個だけでもかなりズッシリきます。

さすがマグロ。

早速ネットでレシピを検索し、半日がかりでコトコト煮つけが完成しました。

今日は、たまたまあった頂き物の日本酒をグイッ!

飲み慣れないけど、やっぱり和食には日本のお酒が合うな~。

そしてこの目玉、コラーゲンの量が半端ないです。

そして血液サラサラ脂もたっぷり。

ただ、見た目がかなりグロいってだけだけどね。
f0056660_9144111.jpg

[PR]
by kurukuruX | 2014-11-06 22:04 | 今日のお酒 | Comments(2)

鮎の季節

知り合いから天然鮎を大量にいただきました。

お店で並んでいるような立派なものではなく、大きさは大小様々、チビ鮎もいっぱい入ってます。
私自身はどっちかっていうと、ちっちゃい方が柔らかくて好きですねー。
頭から全身ガブリといけちゃうし。

塩焼きがポピュラーな鮎ですが、こちらの地方はフライにしちゃうこともが多いそうです。
馴染みのない私は当初、「なんてもったいない!」なんて思いましたが、今ではすっかり鮎フライのファンとなっています。

もらったばかりの新鮮な鮎達は本当に芳醇なスイカの匂いを放ち、まさに香魚!

お気に入りの卓上揚げマシーンで揚げたてをいただきます。

サクッ!

ふわ~!!

そして天然の川藻で育った独特の風味がたまりません!

うま~い!!

私の育った地方にはない食文化なだけに、極上の贅沢です。

「生育する川によって微妙に鮎の風味も変わるんだよ。」と地元談。
そして大人の鮎の方が、その風味も濃かったな~。

f0056660_919837.jpg


あ、お酒の写真がないけど、今回はビールです。しかもプレミアム。

しあわせだな~♪
[PR]
by kurukuruX | 2014-08-14 22:03 | 今日のお酒 | Comments(2)
爽やかなブルーのボトルに、これまた楽しいラベルのポルトガルワインです。

微炭酸だったこの白ワインはこの季節にピッタリ♪

f0056660_13385629.jpg


今日のおつまみであるポテトサラダ、中身は玉ネギと鮭の缶詰(汁ごと)です。

ワインがごきゅごきゅ進んでしまうがな!

最近のブームに乗っかって、魚の缶詰にハマっております。

大事な栄養がいっぱい詰まった、サバやサケなどのお買い得な水煮缶をストックしております。

買い物に行かずに済んでしまうあたり、引きこもり休日にはありがたいことです。
[PR]
by kurukuruX | 2014-08-10 21:29 | 今日のお酒 | Comments(2)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX