ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おかあさん( 39 )

かぼちゃスープ

お母さんがいる時、よく作りました。

カボチャがいっぱい食べられるって、大好物だったなぁ・・・。

でも裏ごしとか面倒くさいんだー。

もらったかぼちゃで久々に作ってみたよ。

f0056660_22514631.jpg

[PR]
by kurukuruX | 2010-09-08 22:54 | おかあさん | Comments(2)

今日は母の日でした

どっかのチョコのCMでみんなが口々に

「おかあさん、ありがとう。」

何気なく繰り返される、ありふれた「お母さん」という単語がふと新鮮に思えました。

心では呼びかけることはあっても、実際、口にしてないなぁ。当然だけど。

「お母さん」 「お母さん」 「お母さん」

霊感の強い人が見たら、私の周りにピッタリと、
昔と同じように私を守ってくれているお母さんが見えるのかしら?

おかあさん、ありがとね。
毎日元気に生きてるよ。
[PR]
by kurukuruX | 2010-05-09 13:45 | おかあさん | Comments(2)

お正月

お母さんが元気だった頃は、大晦日は決まって、すき焼きとトランプの七並べが恒例でした。
罰ゲームもつけたりして。笑

親戚付き合いもそれ程なく、核家族のこじんまりした年末年始だったけど、
子供が大きくなれば尚更、家族で集まるのがいつも楽しみでした。
お母さんが苦手だったおせちの黒豆も、固いけど味はすごくおいしくて、ぱくぱく食べたなぁ。


お母さんが病気になってからは、代わりにおせち料理もがんばりました。

私がドロップアウトしてた時は、「テキストきょうの料理」で勉強して、材料から本格的にそろえたりしてね。でもお母さんの味である、煮しめや昆布巻き、お雑煮はかかさずに。

一日中、台所での立ち仕事が続いて、足がパンパンに浮腫んでるのを見た時は、ビックリした。
主婦の仕事って、こんなに大変なんだなーって実感しました。

結婚して、全然違う大晦日やお正月を迎えました。

地域が違えば、習慣や料理の内容がこうも違うもんなんですねぇ。
大晦日からおせち料理を食べちゃうし。
お正月も、親戚の人たちがいっぱい集まって、カラオケや麻雀など、どんちゃん騒ぎです。

それはそれは賑やかで、料理もすごくおいしくて、楽しかったけど、でも
やっぱりウチのお正月が恋しかった。また家族そろって、こたつを囲みたい。

もうすっかり、ウチの年末年始は、過去のものになっちゃった。

帰りの車の中で、お母さんとの思い出に、また泣いてしまった。



お母さん、今年もどうか私を見守っていてください。
[PR]
by kurukuruX | 2010-01-03 23:34 | おかあさん | Comments(11)

コスモス

すごい風景に出会いました。
遠くから見えるピンクのじゅうたんを、不思議に思いながら近づいてみると、そこはコスモス畑でした。

f0056660_2351441.jpg



昔、お母さんと散歩中に、コスモスの群生の中、コッソリ手でちぎろうとしたけど、コスモスの茎って、すんごい固くて、難儀したことを思い出しました。
持ち帰って、玄関に飾ったなぁ・・・。
[PR]
by kurukuruX | 2009-11-19 23:07 | おかあさん | Comments(5)

口の中で溶けました

f0056660_23344780.jpg

[PR]
by kurukuruX | 2009-09-08 23:37 | おかあさん | Comments(0)

初盆

おかあさん、もうこっちに帰ってきてる?

いつもは何の意識もしてなかったお盆だけど、母ちゃんがこの世に帰ってくるのかと思うと、何だかウキウキしてしまいます。

キュウリの馬の乗り心地はどうだった?
見よう見まねで牛馬、作ってみたよ。(割りばし、刺しただけ・・・)
うちで採れたキュウリ。

1年振りだねぇー。

こっちは毎日暑いよ。
母ちゃんのことだから、こっちにいたら、今頃ひーひー言ってるよね。
天国はやっぱり快適なのかしら?

会いたいなぁ・・・。

帰りは、ナスの牛に乗って、あの世に帰るんだってね。
せっかくなんだから、ゆっくりしてってよ、ねっ!

f0056660_1941088.jpg

[PR]
by kurukuruX | 2009-08-13 19:11 | おかあさん | Comments(0)

ほたる

さっき、夕飯の後の散歩の途中で、蛍を見つけました。

その川がキレイだってことだね。
まだ出始めだから、数える程しかいなかったけど、突然見つけたからビックリしたなー。超興奮した。


日に日に気温が高くなって、空気が少しづつ湿ってきました。

そんな空気を肌で感じるようになると、去年のお母さんの入院生活を思い出します。

すごいなー。
ちゃんと忘れずに季節は巡ってくるし、時間もお構いなしに、着々と過ぎていきます。

もうすぐ、あの暑い暑い夏がやってくるんだ。

あの時のいろんな場面が思い出されては、ふと、仕事帰りの車の中で一人、涙が勝手に流れる時もあります。

仕事でイライラしたり、怒ったり、笑ったり、飽きもせず野菜作ってたり、変わり映えしない日々の生活も、お母さんには、すべてお見通しだよね。

気をつけるようにって言われてた、悩みがちな性格や、落ち着きないところ、掃除嫌いもそのままだし、ちっとも成長してない。人間なかなか、性格ってのは変わんないねー、お母さん。


まあ、時間がたつのが早く感じること自体、平和な毎日だってことが、幸せだってことでいいのかな。

なんだか、まとまりのない文章・・・。
[PR]
by kurukuruX | 2009-06-01 22:22 | おかあさん | Comments(5)

シクラメン

f0056660_1956157.jpg


花屋さんの店先に並んでいた、きれいなシクラメンにふと目が留まり、思い出しました。

お母さんも、毎年寒くなるとシクラメンを買っきては、枯らさないように世話をするのが好きでした。

寒々しい冬の部屋にも、窓辺に置くと、ちょっと華やかな感じです。

野菜作りに比べ、花にはあまり興味はない私ですが、お母さんと一緒に育ててみようと思います。
[PR]
by kurukuruX | 2008-12-27 20:05 | おかあさん | Comments(0)

アクリルたわし

おかあさんのお母さん、つまり、私のおばあちゃんは今も健在です。

少し離れた施設に、ずいぶん長く一人でいます。
お母さんがいた間は、月に1~2回の面会にも度々一緒に行っていました。

最近改装された、こぎれいな日当たりのいい個室で、おばあちゃんは毎日、自分の娘や孫の幸せだけを祈り、一日の終わりには、南の空に向かって手を合わせ、今日も無事に一日過ごせたことを神様に感謝している、信仰深い人です。

小さい頃、私は、ほとんどおばあちゃんと一緒に過ごしました。

そんなおばあちゃんも今年、90歳になりました。
そして「お迎えがちっとも来ない」と、いつも嘆いています。
耳はほとんど聞こえなくなりましたが、頭も目も口もシャンとしています。

新聞で見つけた、最近の産婦人科医問題も切り抜いて(!)、気にしていてくれます。

回数は減っちゃいましたが、今はお母さんの代わりに、面会に行きます。
そして、「お母さんは病院で治療を続けているけど、元気にしてるよ」って偽っています。
耳の遠く方で、かすかに聞こえるらしい私の声を聴きながら、
「きちんとやってもらえてるんだね?そうか、そりゃ安心だ。親より先に逝ってはダメだよ。」

おばあちゃんのことだから、いつかはバレてしまうかもしれないけど、できる限り、お母さんもそれを望んでいるような気がして、ウソついてます。

手先が器用なおばあちゃんは、今も暇さえあれば編み物をしています。

行く度にもらう「アクリルたわし」。

作っては作っては、みんなに配っているようです。
おかげで施設のみんなから重宝されてるみたい。
最近のエコブームでも流行ってるらしいけど、私には昔から馴染みのある、おばあちゃんの代名詞のようなものです。

f0056660_12591736.jpg


変化のない狭い世界の中で、面会の日を指折り楽しみにしながら、天国からのお迎えを毎日待っているおばあちゃんです。
[PR]
by kurukuruX | 2008-12-07 12:58 | おかあさん | Comments(4)

戸籍謄本

先日、戸籍謄本を取りに行きました。

滅多に見ることはないのだけれど、何気なく目を通すと、お父さんやお母さんの生まれた場所や、おじいちゃんやおばあちゃん達の名前も記載されていました。

懐かしいなぁ・・・。

旧姓のお母さんのフルネームを見た時、これ誰だっけ?

そっか、昔のお母さんの名前だった。

子供からみると、旧姓がくっついたお母さんの名前は、こうもしっくりこないもんなんだ。


お父さんとお母さんの婚姻届の欄もありました。

結婚記念日だと聞いていた日とは違う日に届けてたんだね。

団塊世代、第一次ベビーブームだったから、当時、式場では、同じ日に20組も結婚式を挙げたんだって言ってたっけ。

今とは違って、さぞ慌ただしかったんだろうなぁ。フフフ、笑える。

私が生まれる前の、知らない時代。


そしてお母さんは、戸籍上、当然のことながら、すでに 「除籍」 となっていました。

そこだけが、妙に、ごく最近の日付で。

またも、市役所の待合室で、書類片手に、涙がポタポタ落ちてしまいました。


「出生」 「婚姻」 「死亡」


書面上には、人の一生が、とてもコンパクトにまとまっていました。

と同時に、「結婚」ってのは、人生の中で、えらく重要なもののように思えてしまいました。

感慨深いなぁ・・・、戸籍謄本。
[PR]
by kurukuruX | 2008-09-11 20:46 | おかあさん | Comments(2)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX