ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は急患が多い。

患者さんから救急へ電話。

「妊娠したようなんですが。」

(・・・平日に来て下さい。)

「お腹も少し痛いので診察してください。」

「・・・はい、分かりました。診ますので来て下さい。」

診察後、
「赤ちゃんは元気ですが、切迫流産ですね。家で安静にしにくい環境であれば入院も考えてください。」
と言うと、すぐさま「帰ります、絶対帰ります。」って患者さん。
(そんな、即答しなくても・・・。ちょっとは考えてよ、しかも「絶対」って・・・)

さらに「薬は飲みたくないので要りません。」とか。
(何しに来たんだろう、この人・・・)

まさに、私は「赤ちゃんは元気ですよ」マシーン(時間外版)だ。
まぁ、患者さんはそれで満足なんだろうけどさぁ。
なんかなー、ちょっと虚しい。
でまた、夜中に「やっぱり痛いです。」とか言って、また来て、起こされるんだー。

ね、ね、ね、患者さんはさぁ、うちらのこと、便利屋さんとか思ってる??
周りにさぁ、相談できるお母さんとかおばあちゃんはいないのかなー。
大事な時だから安静にしてなさいよ、とか。
寒い夜中に、病院にくる行為自体、大変じゃん。
みんな病院行けって言ってんのかなー。

はー、明日もガンバロ。
[PR]
by kurukuruX | 2006-03-27 00:20 | 仕事 | Comments(2)

あっちむいてホイ

数ヶ月の躁状態から一変して長いうつ状態を彷徨っているお母さん。
せっかく授かっているガン小康状態の貴重な時間も楽しめずにいます。
焦っているのは私ばかりで、本人はガンよりこっちの方が辛いらしい。

本人もさることながら、それを支える家族の忍耐とエネルギーは、相当のものだということを実体験から学びました。
だから、うつの患者さんに遭遇すると、医者の立場を超えて、当人とその家族に心から労をねぎらたい。
雅子様のこともテレビの画面からいつも応援してる。
「励ますな」とか「薬に期待しろ」とかきれいごとばかりじゃない。
現実はなかなかうまくいかないし、もちろん教科書通りでもない。
こっちが余裕ないとほんと一家心中なんて事態、気持ちよく分かる。

幸い、私自身は仕事お休み期間のお陰で、前向きに接することができているような気がする。
今のマイブームは、あっち向いてホイ。
これが意外と効果ありで、常に物事に集中できず、この世の中から消えてなくなりたいばっかりのお母さんも、これをやっている間は我を忘れて楽しそう。私もお母さんも反応の悪さにいつも大爆笑!

神様、お母さんをどうぞお守りください。
[PR]
by kurukuruX | 2006-03-16 20:19 | おかあさん | Comments(0)
平日の百貨店
平日の美容院
平日のスキー場

ま、普通の労働者はみんな経験しにくいものだけど、こりゃぁいいです。
まさにやめられません。
一見ニートのようだけど、人目は気にしちゃいません。

あと何があるかなぁ・・・。
[PR]
by kurukuruX | 2006-03-08 15:15 | どろぽ生活 | Comments(0)

労働条件の提案

今、非常勤で働いている病院でまた一人やり手のドクターが辞めてしまいます。

病院側は「地域住民のために何とか産婦人科を維持したい」というよりは、「研修指定病院の基準は外せない」とか何とか都合のいいこと理由に、常勤としての要請がありました。
でもなー、悪循環は変わんないんだよなー。
医者自身の使命感や良心に頼るのはもう限界じゃないかな。

確かに産婦人科や小児科は時代の流れから言って儲かる科ではありません。患者も少なくなってるし、そのくせトラブルも多いし。
でも、総合病院でしょ?
内科みたいに、老人の多い、儲かってるところが赤字のところを埋めてくれればいいじゃん。
うちみたいな所が単独で利益を出すなんて無理でしょ。
流行の開業医じゃぁあるまいし。

どうしてその先生が辞めたくなったのか、考えてよ。
穴ができたからって同じように一時しのぎしてるだけでは何も変わらないし、また一人産婦人科辞める人間を増やすだけでしょ?
原因を追究して改善する、なんでこんな簡単なことをせめて口先だけでも言ってくれないの?
もっと先の将来についても考えてよ。
ローテーションしてくる研修医が、「産婦人科は大変だ」ではなくて、「大変だけどおいしいな」なーんて思える働き方なら、産婦人科医なり手も期待できるってもんだ。
今、産婦人科は売り手市場、ダメモトで病院にあれこれ条件言ってやろうと思っています。
①当直は月に5~6回まで
②当直した次の日は休み
③昼間より夜間の労働への報酬アップ
④事故が起こっても個人を責めない
⑤「人手不足で大変だね」特別手当
⑥産婦人科医を公募する


っていうか、これが本来あるべき労働基準のはず・・・。
でも、よし、これでいってみよー!でもきっと無理。

もっと言うと、仕事ができる人にはさらに高評価されるシステムがあると理想だなー。
臨床能力を形にして証明することはできません。
いくらエレガントな手術をしようが、いくら外来をスムーズにこなし、いくら患者さんに尽くそうが、あくまで自己満足であって、イチローや松井みたいにこれだけの成績があるから年俸何億なんてできないし。
医者にもそんなシステムがあったらもっとやる気もでるのに。

無理かー。医者は聖職?
見返りを期待する仕事じゃないってか・・・。
[PR]
by kurukuruX | 2006-03-04 12:21 | 仕事 | Comments(2)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX