ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

手術の不思議

昨日は朝9時から夜8時までオペ室から一歩も出られませんでした。
卵巣癌の手術に、子宮筋腫、最後は緊急カイザー。
数日後に帝王切開を予定してた妊婦さんの陣痛が運悪く?始まってしまいました。

さすがに疲れた・・・。

体にメスを入れられる患者さん自身当然、その侵襲による身体反応はありますが、
オペする方もどんなに慣れた手術だろうが、尋常でない集中力が無意識のうちに働いています。
お互いアドレナリン出まくり状態。
何時間もぶっ通して執刀しても、不思議なことにお腹も減らないし、トイレにも行きたくなりません。
手術が終わると脱力して気が緩むのか、合間にお水を2杯飲んだのと、おしっこ一回しただけです。

最初の卵巣癌の患者さんはまだお子さんも小さいお母さんで、術中迅速病理診断は残念ながら悪性でした。術後の説明には沢山の身内の方々が術中の経過や今後の治療など、神妙な面持ちで聞いていました。

これからがまた大変なんだよなぁ・・・。

母ちゃんのことをつい思い出しました。


手術室を出て、ヨロヨロと自販機へ行き、甘ーいフルーツジュースを一気飲みしていると、すれ違いに仲良しの看護師さんが、売店で買って余ったからとサンドイッチをくれました。
わぉ!食べ物だ!ありがたい!
いつもはパサパサでそう美味しくもないのに、この時ばかりは溢れる唾液と共に味わい深く噛みしめました。
これがまた本当においしかった。
飢餓状態で食べ物にありつくってこんな感じなのかしら?


今朝はそれぞれの患者さんたちの順調な経過を見届けて帰ってきました。

帰り道、外は眩しいばかりのお天気です。
そして世の中はゴールデンウィーク。

こんな日はお出かけもいいけど、おうちでポカポカお昼寝するのが最高に幸せかも。
[PR]
by kurukuruX | 2010-04-29 13:51 | 仕事 | Comments(6)

コードブルーもどき

産婦人科は常に汚い物が飛び散るわ、血だらけになるわ、なので
全身白衣、裸足にスリッパ、全身どこが汚れてもOKな格好をしています。

皮膚科や眼科の女医さんたちのヒラヒラしたエレガントな姿とは対照的。
白衣の下に私服なんてあり得ません。


最近、病院から白衣の下に着る、オペ着みたいなのを支給されました。
(いつかのギネドラマで紀香が赤いのを着ていたやつ)
色はまさに「コードブルー」です。

今までは患者さんから、検査技師さんや看護師さんなどによく間違われていましたが、コレを着たら、やまピーやガッキーみたいにちょっとはお医者さんっぽく見えるかしら?

やっぱ見た目は重要ですし。わくわく。

こんなことですが、ちょっとヤル気が出てきました。
(・・・病院側の作戦か??)
[PR]
by kurukuruX | 2010-04-23 22:25 | 仕事 | Comments(6)

女芸人

同世代のせいか、

「最近意味もなくイライラするー!浅倉南39歳!」の いとうあさこ や、

「またいつバブルが来てもいいように・・」と、薄毛カバーのためソバージュを続ける 椿鬼奴

彼女らがテレビに出てると、ふと見入ってしまいます。

おもろいなぁ・・・
[PR]
by kurukuruX | 2010-04-21 21:13 | その他 | Comments(4)

インドカレー

また新たに、ヘビロテしそうなご飯屋さんを見つけました。

そこは何度もつぶれてはまた新しいお店が開店するという呪われた場所にできた、
インドカレー屋さんです。

こんな田舎にインドカレー。
取ってつけたような看板に「インド・ネパール料理」のネオンがピカピカ光っています。
タウン誌にあったクーポン券を切り取り、勇気を出して行ってみました。

がらんとしたお店の中は、ほとんど以前の中華料理店のままでした。
かろうじて、壁に掛かってるヒンズー語?のカレンダーが唯一インドっぽい。

つたない日本語で接客してくれるインドのお兄さんは、とても親切で、隣の酔っぱらいオジさんの無理難題も一生懸命快く引き受けていました。

何種類もあるカレーやタンドリーチキンは激ウマ!
大好きなナンも顔の倍ほどのでかサイズで、おかわり自由!しかも安い!!
食後のチャイもまた美味しくて大満足、インドに行かなくてもここで十分だ。

隣のテーブルの家族連れは週に3回も来ているらしい。
・・・ほぼ一日おきにインドカレー?!

早速みんなに知らせたいような、秘密にしておきたいような。

「とっても美味しかったです!また来ますね♪」 と会計の時に言うと、さらに10%値引きしてくれました。さんざん飲んで食べて、あり得ない値段になっていました。

お兄さん、だ、大丈夫?やっていけんの?

腹黒い日本人のオーナーなんかがいて、インド人のお兄さんたちが薄給でこき使われていないことを願いながら、これからも足繁く通うから、こんなお店はずーとやっていってほしいです。
[PR]
by kurukuruX | 2010-04-10 18:31 | その他 | Comments(2)

桜の季節

私の生まれた季節です。いい季節だー!
でも小さい頃から、新学期早々に誕生日を迎えてしまうのはイヤだったなぁ。
2月3月生まれの人がうらやましくて。

・・・はて、とんでもない年齢になってしまってます。
30代、転げ落ちる(?)スピードはどんどん早まるばかりです。

医者になって10年以上も経つのに、部下がいないせいか、おじいちゃん先生に囲まれているせいか、いまだに下っぱ意識が取れない私です。
研修医の頃は、10年目の先生なんて何でもできる神様のように見えました。

若くみられることはうれしい反面、仕事の面ではちょっと微妙です。

産婦人科は外科系なので、手術も大事な仕事です。
患者さんへ手術の話を一通りして、「何か質問ありますか?」と聞くと、時々きます。

「先生が手術するんですか?」

・・・。

(これはどっちの意味なんだろう?)

すかさず、「はい。でもスタッフ全員で手術しますよ。」といつも返します。

患者さんの真意は分りません。


年齢にちなんで、この間、-7歳若くみられました!
イェイ!記録更新!!


近所のお寺の桜、とってもきれいでした。
f0056660_22544393.jpg

[PR]
by kurukuruX | 2010-04-04 23:03 | 仕事 | Comments(6)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX