ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北海道フェア

なんと!お土産にいただきました。
f0056660_22482030.jpg


毛ガニの濃厚なミソ、ホタテはしょうゆバターで、弾けるイクラ、新鮮なウニ。
どれもこれも最高の肴でした。
北海道ってステキ♪

にしてもうまかった・・・
[PR]
by kurukuruX | 2011-02-22 22:58 | 今日のお酒 | Comments(4)

ミラクル

スーパーの横にある宝くじ窓口に看板が出ていました。

「ロト6 一等でました!」 

つ、ついに!この小さな町のどこかで2億円が!!

あわわわわわわわわ・・・

だれだ?
キョロキョロ見回しちゃいました。


今のところ全く当たる気がしませんが、いつか、いつか私も当てたい!

そしてもしも当たっても誰にも言わずに、ほくそ笑みながらフェードアウトしたい。ムフフ♪
[PR]
by kurukuruX | 2011-02-20 22:30 | その他 | Comments(4)

病院の地域性

今いる病院は田舎にあるので患者さんは主にのんびりムードの中高年がほとんどです。
たまにいる若者も部活に励むジャージ姿の素朴な子達です。

病院が立地している地域性によって患者さんにも特色が出ます。

昔いた病院は大都会ではないけれど、繁華街や大学が近くにあったせいか、お水系のオネエさまやコワい系のお兄さん方、外国人や留学生が多く、病院も公立で精神科病棟もあったので、生活保護や母子、精神病患者など、多彩なジャンルの患者さん達にもまれてきました。

病院はきっと大赤字だったに違いありません。

また特に産婦人科は、そんな方々の人生の裏側にも関わったり、苦労もいっぱいしましたが、なかなか味わえない貴重な体験の連続でした。
おかげでちょっとやそっとじゃ驚かない度胸もつきました。

全身真っ白スーツの眉毛のないコワモテおじさんと対等に張り合ったりもしました。

ある時、別の患者さんで言葉が通じないために苦労していた私を見かけたのか、そのおじさんは
「おい、誰か中国語わかる奴連れて来い!」
と子分に命令し通訳を調達してくれたこともありました。
全然関係ないのに!すばらしい人脈!

いい人だったな、あの人。

何年も前の出来事ですが、ふと思い出しました。

今はずいぶん平和だってことなんだなぁ・・・。
[PR]
by kurukuruX | 2011-02-15 20:17 | 仕事 | Comments(6)

気分転換に

ここぞとばかりにお金に糸目をつけず、へべれけに飲んだくれました。

f0056660_0283762.jpg


お父さん、お母さん、贅沢してごめんなさい。

幸せら♪
[PR]
by kurukuruX | 2011-02-06 00:32 | 今日のお酒 | Comments(0)
昨日は仕事がらみで久々に凹みました。

患者さんやその家族の為にと、今まで自分なりに頑張って準備してきたことが
第三者による心ない行為によって台無しにされてしまいました。

信頼していた先生に結果的に裏切られたこともショックでした。

つまんないことによって患者さんたちを不安にさせてしまった、自分の力不足も悔しかった。そうならないようにと細心の注意を払ってきたつもりだったのに。

どうしたいの?と聞かれれば、ただ患者さんにとって一番ベストな道をとってあげたいだけ。

突然降ってわいた一家の不幸に翻弄され、家族も当然ナーバスになっています。
きっと仕事も手につかないはず。
患者さんが家庭の中心である「お母さん」という立場なら尚更です。

毎回必死にメモをとる、奥さんを思う旦那さんの姿と、昔の、お母さんの時の自分が重なりました。
お母さんの時と全く同じ症状。
その当時の自分の心情を思い出したら、説明しながら声が詰まって、事後処理が済むまで患者さんの前では何とか踏ん張って、その後駆け込んだトイレの中で泣いてしまった。

病院には医者も大勢いるし、自分一人ではどうにもならない問題がこの世界にはいっぱいあります。

その中で、困っている患者さんのためにこれまで得た知識や技術でもって
自分ができることを最大限努力するだけです。

私では頼りにならないと言われればそれまでです。
どうか納得いく道を選んでほしいです。



そういえば・・・・
お母さんの病気が発覚したのも2月になったばかりのこの時期だったかも。

何年前になるんだろう。
[PR]
by kurukuruX | 2011-02-02 23:16 | 仕事 | Comments(6)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX