ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年の締めくくり

本日、今年最後の予定手術を無事に終えることができました~!

やれやれ。

振り返れば、山あり谷あり、いろんなことがありましたが、総じて
これまで頑張ってやってきたことが報われ、評価された1年だったような気がします。

常に急変と隣り合わせの分娩に関わり、ときに終末期の患者さんを看取り、
手術管理や急性期疾患を扱う仕事は、慣れてしまったとはいえ、
いつも気が休まらないハードな仕事だなぁと改めて感じます。

幸いトラブルもアクシデントもなく、無事に1年間が過ぎ、ホッとしているのが正直なところです。

来年もさらにいろんなことが起きそうな予感だけど、流されつつも、
時間を大切に毎日過ごしたいと思います。


ところで、この時期、連日ほぼ飲み会です。

最近、ウコンが手放せません。

確実に年とってます。


よい年を迎えられますように…
[PR]
by kurukuruX | 2012-12-27 17:46 | 仕事 | Comments(6)

たくあん作り

大根が収穫される時期、かねてからの念願だった、たくあん作りを教わりました。

大量の大根と葉っぱを数日間、天日干しに
f0056660_16422122.jpg
f0056660_16414496.jpg


歴史を感じさせる一升枡!で米ぬかを計って
f0056660_16535436.jpg

さらに乾燥させたナスの葉っぱと塩、中双糖
f0056660_1649182.jpg

自家製唐辛子を加え
f0056660_1649273.jpg


100年以上も前から使っているという専用の樽には、乳酸菌がいっぱい。
f0056660_16505159.jpg

樽の底から大根を隙間なく敷き詰め、さっきの調味料と交互に重ねていきます。
f0056660_16513127.jpg

上まできたら、大根の葉っぱで覆い
f0056660_16514735.jpg

重しのバランスを調整する重要なフタ
f0056660_1652589.jpg

ひとつ20キロ以上はある石を重ねて、覆います。
f0056660_16522179.jpg

f0056660_16523560.jpg


先祖代々から使われた漬け物部屋の土壁には、熟成のための大事な菌が生息してるんだって。
f0056660_16525184.jpg


このたくあん、古漬けっていうんかな。

市販のたくあんで慣れてる私にとって、初めて食べた時は衝撃が走りました。

アツアツのほうじ茶、あるいは焼酎などと、少しづつチビチビ食べるのがおススメです。

半年後が楽しみ♪
[PR]
by kurukuruX | 2012-12-15 17:47 | 夢の田舎暮らし | Comments(6)

性格が結果を引き寄せる

職業柄いろんな性格の人々と接します。

毎日の診療では、今その人が困っている症状の原因について診断して、
わかりやすく説明し、今後の治療方針を提案します。

ちょっと昔だったら、
「詳しいことは聞いても解らないから、すべて先生にお任せします。」
自分の身に行われた医療行為の内容すらも把握せず、でも体は元気になっている。
昔はそれでよかったんだよね。

今はだいぶ違っています。
起こりうるリスク・受けられる恩恵、たくさんの情報と選択肢の中で、
治療方針は患者さん自身が決める時代です。

初めての診察でいきなり「手術した方がいいですね。」なんて言われたら、
大抵の人はすぐには決められません。
「ちょっと考えます。」とか「家族と相談します。」とか。

それが命にかかわらない病気だったりすればなおさらだし、
自分の体のことだから、よーく考えることは必要です。

そんな中でもたまに、潔いほど即断即決する患者さんがいます。
ホントにいいんですか?って感じの時もあります。

それほど辛い症状に悩まされていたのか、それとも、あまりこだわらない性格なのか。

でもそういう人って不思議と手術の日もたまたま空きがあったりして、すぐ日程が決まったり。
手術や術後経過も予想以上にスムーズで「楽になったわー。」と元気に退院していく人が多い印象です。


反対に、いろいろ迷う性格や少しの不具合も気になる神経質な人は、
治療方針もなかなか決められず、時間がどんどん過ぎていきます。

完璧を期待しちゃうんだろうな、
「絶対大丈夫ですか?」「完全に治りますか?」ってこちらに詰め寄ってきます。

やっぱり医療行為に「絶対」なんてないし、言ってあげたくても言えないご時世なので、思ったような返事が貰えず、家族や友達からもいろんなこと言われて、また悩み続けます。

そしてそんな患者さんに限って普段はあまり起きないような合併症が起ったり、入院が長引いちゃったり、治療の経過がかんばしくなかったり、今度は別の不満が出てきたり。


もちろん性格によって結果が違うわけではないけれど、性格が結果を引き寄せる?

科学的根拠は一切ありません。

不思議だけど、ちょっと納得できる部分もあったりします。

病気に限らず、なんでもそうかな。


果たして自分はどっちのタイプだろう。

前者のようになりたいなーって思ってる後者かな…

おおらかな人、憧れるなー。
[PR]
by kurukuruX | 2012-12-04 17:55 | 仕事 | Comments(4)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX