ドロップアウト産婦人科医の生活

kurukurux.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大学講義

母校である大学から医学生への講義を頼まれました。

スライドを準備しながら、自分の学生時代を思い出します。

今の時代とあの頃とでは授業の仕方も随分変わってきました。

昔は先生が授業しながら板書した内容をノートとったり、そしたら眠くなって、かと思えば、流れてきた漫画よんだり、出席取らない授業は大抵サボたり・・・。

基礎医学もあの時もっとちゃんと勉強してたら、今もっと優秀な医者になっていたかも・・・。

内科や外科と違って、産婦人科学なんてマニアック過ぎて、当時ほとんど理解不能でした。

マイナー科のさらにマイナーな分野を、まだ知識も浅い学生相手に1時間以上、退屈しないように、分かりやすく・・・などと、工夫しながら準備する作業も結構大変です。

こんなに苦労して授業してくれていた先生のことを思うと、当時もっとちゃんと聞けばよかったなぁ。

こんな立場になって初めてわかるもんです。

今は講義も当然ながらパワーポイントが主流で、学生も大事なところはスマホでカシャカシャ撮っています。

便利になりました。

どうせみんな寝てるだろうし、少ないだろうな、なんてちょっと侮っていましたが、今回学生の出席率のよさにまず驚きました。

座席がほとんど埋まっています。

優秀な学年なのかな?

配布資料にないスライドの部分はすかさず、写真を撮ってるし、よしよし、ちゃんと聞いてくれています。

講義が終了し、さて帰ろうかなと思っていたら、7、8人の男女の学生が壇上に近づいてきました。

質問なのかな?と思ったら、

「バスケ部です。今日は部員全員出席しました。」

なんと!!

おばさん、遥か昔のOBですが、もちろん彼らとは面識もなく、いや、確かに大会前には毎年援助してますけどね。

にしても、なんていい子達なの!!

いやぁ~、今の若者もなかなかやるじゃないの。

すっかり感動してしまいました。

無事に講義も終えることができて、気持ちのいい若者にも触れ、こんな経験もたまにはいいもんです。






[PR]
by kurukuruX | 2016-03-18 22:10 | 仕事 | Comments(2)

ホットフラッシュ

偽閉経療法によるホットフラッシュに悩まされております。

突然顔が真っ赤っかになって、汗が大量に出てくるイベントが一日10回以上やってきます。そして発作は数十秒でおさまります。

汗が出たら拭けばいいんだけどね・・・、でも意外とコレ大変です。

更年期の患者さんの辛さが身にしみて分かりました。

患者さんを診察中に額からダラダラ汗が滴り落ちてる私を見て、逆に心配されます。

オペ中は自分で拭けないので、外回りのスタッフに頼んで拭いてもらうと、彼らは気を利かして室温を下げてくれます。

でもこれがいけません。

上半身、特に背中は顔以上に汗だくになっているので、びしょぬれになった中の服がひえて今度はブルブル寒くなって震えます。

昨日のオペでは、脱水状態で少し血圧が下がったのか、脳貧血の手前で途中リタイアしてしまいました。

助手でよかったよ。

夜寝てる間も大量の汗で目が覚めます。

季節外れのあせもができるのも頷けます。

真冬に窓を全開にして涼んでる私の横で、暑がりの旦那が布団の中で凍えています!(笑)

インナーはモンベルのZEOLINEという、冬山登山用の下着が重宝します。

ちょっとお高いですが、速乾性と保温性が素晴らしく、これで汗冷えがだいぶ減りました。

かばんの中も、落語家ばりに扇子と手ぬぐいが手放せません。

そんな毎日の中で、唯一快適に過ごせるのは、プールで泳いでいる時です。

暑くなってもかえって気持ちいいんだな、これが。


いくらでも出てくるな。

もう、ホットフラッシュネタが止まりません。







[PR]
by kurukuruX | 2016-03-04 22:24 | BC | Comments(2)

只今、二度目のドロップアウト中。


by kurukuruX